FC2ブログ
こちらはカードワースのリプレイっぽい書き物置き場です。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
冒険者の宿で・2 語り:リック
2011-08-25 Thu 03:11
 午後の仕事はなんだったろう、と厨房に入っていくと、
 目の前には市で買いだめしてきた林檎が籠に山盛りになっていた。
 午前中の木苺ジャムの煮加減を確認して
 傍らのメモに目を通して溜息。

「まだ果物ジャムかよ……」

 依頼されてるからには仕方ない。丁寧に林檎の皮を向いていく。
 安物をわざと選んでるんで傷があったりするけれど
 ジャムにするには問題ないだろう、多分。
 自分でも惚れ惚れする包丁捌きでそれを程よく切り刻む。
 一つ、二つ、流れ作業は止まらない。
 最終的には指の数を越えるほどの林檎の下拵えを終わらせた所で
 二階の掃除をしていた元凶が降りてくる。

「リックさん、昨日のジャムはそろそろ出せますか?」

 そういいながら娘さんはようやく冷めてきた瓶を手にとっている。
 
『聖誕祭には星印の果物ジャムをどうぞ』

 視線を逸らせばそんな風に書かれた宣伝チラシ。
 勘弁してくれよ、と正直思う。
 思えば、この人に弱みを握られたのがそもそものきっかけだ。



「頼む、内緒にしててくれ!」

 今思うと、なんでこんなに焦っていたのかが分からないのだが、
 その時俺はそういって頭を下げてしまっていた。
 あんなのがばれる位なら、死んだ方がましってもんだ、と
 その時は真面目にそう思ったんだが……
 まさか、本当に死ぬほどこき使われる羽目になるとは。

「そうですね。いいですよ、他でもないリックさんの頼みですし」

 目の前の娘さんは、いつも以上にニコニコと、
 いや、むしろニヤニヤと笑っている。
 あ、あれは、下僕を見つけた女王の目だ。
 やばい、と悟るが遅きに過ぎた。

「た・だ・し。……分かってますよね?」

 拒否権をどう願うか、考えても後の祭り。
 こうして俺は暫くの間、星の道標の厨房に篭る羽目になったのだった。



「ああ、今回もいい出来ですね」

 いつの間にかぺろっと味見をしていた娘さん。
 自分のおやつ用にと確保しつつ、これなら売れると頷いている。

「ふふふ。リックさんのジャム、評判いいのよね~。
 何せ、もうじき聖誕祭でしょ。
 子供達に上げるお菓子、年々高いものになってるの。
 それに目をつけた私の商才ってば素晴らしすぎると思わない?
 この調子なら無事に私も欲しい服買えそうよ。
 キャリーの服ったら、優勝してからすっかり値上がっちゃって。
 そりゃ、友達価格で値引きはしてもらってるけどやっぱりね。
 お手伝い、助かります。バイト代、ちゃんと色をつけますからね」

 ああそうかよ、と好き勝手にしゃべってる娘さんは無視。
 女って服とかそういうのにどうして拘るんだろ?
 それ以外にも、サラとマリスと娘さんがそろうと、
 俺達にはついていけない話で凄く盛り上がっている。

「ところで次のチラシをそろそろ作ろうと思うんですが、こういうのどうです?」

『冒険者の宿、星の道標に鬼才現る。
 寒い冬の夜には炎の天才料理人Rによる期間限定ポトフはいかが?』

 凄まじい事にそれが数十枚。
 確かに元手なしに宣伝は難しいだろうが、
 安い羊皮紙とはいえ、一つ一つに凝った料理の絵がついている。
 これは美味そうだ……いやいや、そうじゃなく。

「なあ、娘さん。俺が作るのはお菓子だけじゃなかったのか?」
「いやならいいですよ、秘密をセアルさん辺りに吹き込むだけですから」
「止めろそれは!?」

 あ、手が滑った。
 やべー、これじゃ食い物に出来ない…じゃなくて、
 歩く広告塔だろ、あいつは!?
 
「だったら……出来ますよね?」

 ニコニコニコ。娘さんは笑っている。

「せめてRじゃなくてFにしてくれ……そっちが本名だから」

 同じイニシャルの奴が宿に5人はいる筈だ。
 そういやフィリオンも勘違いされるかもしれないけどまぁいいや。
 俺はやけっぱちのようにそう思考すると、
 新しい林檎にざくっと包丁を入れるのだった。 

 あ、さっき出来た失敗作はどうしたか?
 親父の賄いに混ぜ込んで隠しておいたよ。
 なんか悲鳴が聞こえたけど死にはしないだろ。



「なあセアル。リック兄ちゃん。なんで娘さんに扱き使われてるの?」
「ああ、秘密を握られてるらしいですよ」
「秘密……リック兄ちゃんの秘密ってなんなんだろ?」
「さぁねぇ。本人以外には、どうでもいい事だと思いますよ」
「そっかぁ……おいしそうだね。ジャム」
「成人したら貰えませんから、最後の機会ですよ」
「セアルってば遅れてるなぁ。
 友達にお菓子上げるのも流行ってるんだぜ」
「へえ、それは初耳ですね」
「あはは、でも本当は娘さんがこれから流行らせるんだって」
「なるほど、その工作で自分が作ってる暇がないわけですか。
 リックさんもかわいそうに。
 今度密造酒でも差し入れますかね……」



************************************

シナリオ名  :冒険者の宿で
製作者    :jim様
入手場所   :ベクター

残暑お見舞い申し上げます。
やや温度が下がってきたように思えますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は今年もまた扁桃腺が腫れ、見事なまでの夏風邪でした。
先の一週間ほど、かなり苦しかったです。
どう考えても馬鹿な証拠です。今も残る咳が他人にうつるものでなければいいのですが。

決算は前のシナリオが書き終わったら纏めてやります。
あとはボス戦ですが、あまりたのしそうにかけなくて悔しい。
もしかして、かたっくるしすぎなのでしょうか…?

という訳でこちらを今度書きあげる事にしたのですが、
ごめんなさい、ずっと脳内にあったのを勢いだけで形にした感じです。
乱文ですが、どうぞご容赦を。
脳内のサブタイトルは、クーポンの意味はきっとこんなだよ第2弾です。
前にも感想いったとおり、冒険者の宿で。は料理も出来るのですが、
それを繰り返した事によるクーポンをネタとして引っ張ってきました。
皆様が楽しめる中身になっていれば幸いです。

スポンサーサイト
別窓 | CWリプレイ風小説 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<駆け抜ける風(前編) | 宿屋【星の道標】 | 冒険者の宿で・1>>
コメント
はじめまして、しがないリプレイ書き(見習い)周摩と申します。
夏風邪ですか……どうか体調の管理にはお気をつけください。

実は「鳥追人」がアップされた数日後から、環菜さんのリプレイは読ませて頂いていました。
チキンすぎてコメントもできずに、挨拶が遅れてしまいました……

今回のリプレイも楽しく読ませて頂きました。
リック君の苦労人っぷりは見ててこう、ぐっとくるものがあります。
秘密を握られて女の子に良いように扱き使われるなんて、不幸体質の片鱗が見えますね。
にしても、娘さんのサドっ気たっぷりの笑顔は創造に難くない……

モチベーションの維持の難しさは、私も何度も味わっています。
というか現時点で開始前にあったストックもほぼ切れかけなのに、ぜんぜん筆が進まない……
お互い、頑張りましょう。
第十六話、楽しみにしていますね。

それでは、失礼致しました。
2011-08-28 Sun 23:23 URL | 周摩 #xUFxbpKM[ 内容変更]
★ Re: タイトルなし
わー、はじめまして!いらしてくださって嬉しいです。
というかこちらこそチキン過ぎてご挨拶にいったりがあまりできてなくてすいません。
随分前に日記に書いてくださってましたよね。
あれ、見つけたときには凄くテンション上がったんですよー。
なんか恥ずかしかったから拍手くらいしか押せなかったけど(照)。

そして、16話への応援ありがとうございます。
シナリオが大好きなだけに自分が上手くかけないのが悔しくて仕方ないですが
ちゃんと最後まで書き上げられるよう努力したいと思います。
お互いがんばりましょうね!
2011-08-29 Mon 04:01 URL | 環菜(かんな) #-[ 内容変更]
 おひさしぶりです。班地 殴です。

 こういうリプレイを書いていらっしゃる方が活動されてるのを見ると、シナリオ作ってる身としてはなんとなく嬉しいものがあります。
 …すみませんちょっと偉そうなこと言いました。

「冒険者の宿で」は細かいところまで作りこまれてますよね。
 釣りや料理のときのアイコン(…とか!)なんかいい味出てます。
 あと膨大な数のアイテムにきちんとしたコメントが書かれてて、そのコメントの文章力が秀逸で…
 環菜さんもいろいろと刺激されたのではないでしょうか?

 続きを楽しみにしています。それでは!
2011-09-04 Sun 18:04 URL | 班地 殴 #n5MSuuOw[ 内容変更]
★ またきていただきありがとうございます。
お久しぶりですー。
書き手の一人が言うのもなんですがリプレイいいですよね。
最近は周摩さんの素敵なリプレイや
コメントとかでリプレイ書いてみたいって方が増えてる気がして
こちらとしてはかなり嬉しいです。
読み手としても好きなので、増えたり戻ってきたりしていけばいいなー。

「冒険者の宿で」、いいですよねー。
なんと言うか、日常が想像しやすいです。
剣に金と命をかける日々もいいかもですが何せ文体が文体なので
のんびりほのぼのした日々の方が想像しやすいし書きやすいのは確かかも♪
どこまで続くか分かりませんががんばりますー。
(でも新しい宿も最近作りたい衝動に駆られてたりして・・・)
2011-09-05 Mon 04:25 URL | 環菜(かんな) #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 宿屋【星の道標】 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。